This Archive : 2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

外断熱の家の夏休み

もう、夏休み!という題名ばかりになっていますが



猛暑日の無かった関東地方

7月10日~8月10日の電気代(オール電化)
¥8305円  でした。

健康のためにエアコンは控えがちでしたが
お友達が来るとONにしたり、ごく普通に過ごしたのですけど
安いなぁ~という感想。

長時間つけていても、すぐに家の中は冷えるので
エアコンが頑張らなくてもいいというか
電気代が押さえられるのでしょうか。

外断熱のお陰、それに尽きるような気がします。





さて、たまにはインテリアのこと考えたり紹介したりしたいのだけれど
夏休みの子どもの時間をどう過ごすかが課題で、
毎日、感動して立ち止まることも忘れているような日々

シワが増えたよ、ゼッタイに!!

そんな中、夫と子どもが公園に行って
セミの幼虫を連れ帰ってきました。

私にとっては都会育ちの夫
毎年夏休みには山形のおばあちゃんちで
田舎を満喫していたとのことで

セミの幼虫を持ち帰り、夜にカーテンにつけておくと脱皮をする、と。

家の裏は山だった私はそんな経験も無く
『朝起きて、部屋の中をセミが飛び回っていたらどうするのよぅ』
と言いながらも、興味を持って見守ることにしました。

寝室のカーテンに付けて、そっと部屋を出る。

すると日が暮れて程なく脱皮が始まっちゃいました。
せみの脱皮1



ジ~~ッとよくみると、かすかに呼吸しているような
ハァハァしているような。

出産シーンを思わせるような

子どもの本でもNHKでも見たことのある様子が目の前で

あまりに見つめているのは何か申し訳なく
部屋を暗くして時々そ~っと見に行く。
せみの脱皮2


思ったよりも脱皮の進行は早く
羽がどんな風に出てきて伸びたかは見逃しましたが
せみの脱皮3


静かに静かに一人で脱皮する様子は
昆虫の命の大きさを実感させてくれ

じっと我慢しているかの姿の中、次第に色が変わってきました。
せみの脱皮4



7年間も土の中にいて
セミの形になってから1週間しか生きられない。
その1週間、一生懸命鳴き続ける。

だらだら夏休みを過ごす私たち親子
セミを見習って大切に1日を過ごそう・・・・

そんなことを考えたり



私達が就寝の頃
色はセミらしくなっていたのだけれど
触って羽を傷つけてもかわいそうなので

朝、飛び回っていたらどうしよう・・・

と心配しながらも、そのままにして一緒に寝たのでした。


朝、すぐ枕もとの窓の枠にとまっていたので
おそらく飛んだのでしょう。

そっとつかんで庭の木にうつしました。



洗濯物を干しているとき
いつになく、どこからか元気なセミの声が聞こえてきました。


なんだか作文を書きたい気分!


この感動が子どもの思い出に残るといいな。




子どもの肌は小麦色に、
米松の床もいい色になって気持ちよいです。
夏でもサラサラ、お昼寝も床の上に。
床の色



よかったらランキングのクリックしていってくださいね。
 ここをクリックです  右 にほんブログ村 住まいブログへ














スポンサーサイト
コメント→ : 0
TrackBack : 0

ご近所付き合い

母の意に反して

夏休み前に子どもが金魚とカブトムシを調達してきました。

金魚は経験あるけれどアップロードファイル

カブトムシは子どもの頃は田舎者にとっては

飼うものではなく夏の夜に網戸に張り付いてくるもので

3姉妹の私にはさらに縁のないもの。

臭いとかうるさいとか、色んな噂を聞いては避けたいと思っていたのですが

息子をもったからには仕方がないカブトムシ

さて、帰郷の間どうしましょう・・・

『遠くの親戚より近くの他人』

極端なことわざではあるけれど
遠くに故郷を持つものにとって現実的にそうなっています。


旗竿地の我が家

玄関方向のお隣さんにカブトムシを
カブトムシ


柵で仕切られてはいるけれど
庭やベランダからよく話をする奥のお隣さんに金魚を
金魚


お願いしました。


玄関側のお隣さん
カブトムシを引き受けてくださって、
ついでにポーチのプランターに水やりもしてくれました。

玄関の奥に庭があるので、バックヤード的な庭となっているのですが
そちら側の金魚を引き受けてくれたお隣さん
庭の水やりもしてくださいました。
(柵を乗り越えて(*^_^*))



そうやって見守っていてもらえて防犯上も安心です。


ご近所付き合い、ありがたいです。



よかったらランキングのクリックしていってくださいね。
 ここをクリックです  右 にほんブログ村 住まいブログへ












コメント→ : 0
TrackBack : 0

田舎の夏休みを満喫

お盆をはさむ一週間
私の故郷の鹿児島へ帰省していました。

車での帰省

途中、広島の妹宅や、お婆ちゃんのいる佐賀に寄ったりでも
ETCでの高速代は片道3千円

でも何度帰っても遠いこと。
道中


それでも、田舎で過ごす夏は何にも代えがたく
身近に山や川や海があって充実の毎日でした。
『どこか遊びに連れて行かないとな~~』なんて思うことは少しも無く
買い物の帰りに遊びにいけるような身近さは
私は幼少時どれほど恵まれた環境にあったのだろうと
今になってつくづく思います。


父に作ってもらった竹馬や竹の下駄で田舎の夏休みスタート
竹下駄



息子の誕生日は庭先でバーベキュー
誕生日
庭先で花火を楽しめるのも、住宅地では出来ないことなんです。
庭先1庭先花火


地元民だけの、ほぼプライベートビーチで大はしゃぎ
(でも遊泳禁止ではない)
海1海2

空いた時間にプールに行ったり

懐かしい友達に会ったり
鹿児島名物カキ氷『シロクマ』をみんなで食べに行き
むじゃき白熊白熊2
学生時代を懐かしむ間もなく、にぎやかな子どもたちと大騒ぎで
シロクマを食べる自分たちに大笑いわはは








田舎はいつでもあたたかく迎えてくれます。
山のふもとで
この山のふもとで私は育ちました。


軽いホームシックにかかりながら帰京

玄関
入ったとたんに、濃い木の香りで迎えてくれた我が家

う~~ん、いい家だ!!

この家をまた鹿児島で建てたいものだわ!!

と思いながら、また残りの夏休み、なんとか頑張ろうと思ったのです。



よかったらランキングのクリックしていってくださいね。
 ここをクリックです  右 にほんブログ村 住まいブログへ











コメント→ : 7
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ | THEME : 夏休み | GENRE : ライフ |

入居後~


プロフィール

*ティガー*

Author:*ティガー*
建築条件付き土地を解約して、あたたかい人達の集まる地元の工務店さんに家を作ってもらい、家作りの楽しさを感じ、たくさんのことを学びました。
2008.4月から新居での生活を楽しんでいます。


カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリー


バックナンバー


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


おすすめサイト

Howpa 住まいと生活の総合コミュニティサイト House Park SNS

家作り仲間作りにおすすめです


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Copyright © ♪あったかい気分で家作り♪ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。