スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

外断熱

 我が家を建ててくれる諸井工務店さんは

 家作りの中で「うちの標準」と言うのは無く、決まった形と言うのもありません。

 オリジナルのものを十分に打ち合わせながら作っていってくれます。

             得意分野としては古民家風・アジアン・・・・・かな

 

ただ、家を建てていく中での基本が「外断熱」です。

 

 私はそれまで外断熱は全く知りませんでした。

 普通に入る断熱材が外側についてるだけのものじゃないの?・・・程度。

 

 何度も話しに出してる、解約した前の建設会社での打ち合わせで

 ニッチの場所を決める際、「

 「外に面している壁にニッチを作ると、そこに断熱材が入らなくなるからやめたほうがいい」

と言われました。ああ、なるほど・・・なんて・・・

 

 工務店で説明されている「外断熱」→「外張り断熱」の説明をお借りして

 

    外断熱工法とは、建物の柱や梁の外側に断熱材を貼り付ける方法

    まるで魔法瓶のようにすっぽりと、家ごと断熱材で囲みます。

    柱と柱の間にグラスウールなどの断熱材を入れる一般的な「内断熱」は

    柱部分や金物などが、直接外の空気に冷やされたり暖められてしまいます。

    そして、断熱材自体も隙間が出来やすく、その隙間などの温度差で、壁の中に結露が起こる原因となります。

    その点、外断熱は、性能の高い断熱材で隙間無くスッポリ覆うので

    断熱性・気密性を確保できるのです。

    そして、冷暖房効率の良い建物に出来、全館冷暖房が可能になります。

    そうすることで、各部屋間の温度差が無くなり、壁の中の結露やカビの発生を防ぎ、健康によく住む人に優しく、長持ちする家になるのです。

 

 屋根もスッポリ覆うので、ロフト・屋根裏も快適です♪

 

 外断熱材にもいろいろあり、外断熱・内断熱のメリット・デメリットも様々です。

 

 その中で、もっとも外断熱材に適していると言われる「ネオマフォーム」を使用します。

 

 これのデメリット??は「コストが高い」こと、と言われています。

 

 だから諸井さんのところでのトータルコストはかなりお安いのではないかなぁ・・・・・

             また宣伝してしまうよぉ~

 

 柱の外側に断熱材があるので、柱と柱の間のニッチは作り放題です

 

 それと、外断熱によってスッポリ・ピッチリ覆うので、気密性が高く、石油ファンヒーターなど、二酸化炭素の出るものは使うべきではないそうです。

暖房は使わなくても、温かいくらい・・・だそうですが

でもやっぱり冬はね~ゾクゾクしちゃいますょ!!

 

 そこで、いいのが、今年はじめの内覧会で出会った「ペレットストーブ」です。

 

 薪ストーブみたいな形の「ペレットストーブ

 うちはこれを設置予定です。

 ペレットストーブの話はまた次回に。。。

 

 

 

スポンサーサイト
コメント→ : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 仕様 | THEME : 家作り日記 | GENRE : ライフ |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

入居後~


プロフィール

*ティガー*

Author:*ティガー*
建築条件付き土地を解約して、あたたかい人達の集まる地元の工務店さんに家を作ってもらい、家作りの楽しさを感じ、たくさんのことを学びました。
2008.4月から新居での生活を楽しんでいます。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリー


バックナンバー


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


おすすめサイト

Howpa 住まいと生活の総合コミュニティサイト House Park SNS

家作り仲間作りにおすすめです


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Copyright © ♪あったかい気分で家作り♪ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。