スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

屋根材- オークリッジプロ

 昨日、建築確認申請を出しましたが、

 このごにおよんで、最後の最後まで迷っていたのが屋根材です。

 

 家のテーマは洋風でも、日本人なら瓦!

 洋風にもマッチするいろいろなデザインの瓦!

 耐久性も一番の瓦!

   と決めていました。

 ところが、今年3月に工務店に連れて行ってもらった

 東京ビッグサイトで行われた「木材建材のEXPO」で新しい選択肢が出来てしまいました。

 この木材建材のEXPOは様々な住宅設備のメーカーがいて

 ショールームめぐりをしなくてもすむような、たくさんの情報が得られました。

 トイレ・キッチン・サッシをはじめ、木材からステンドガラスまで様々です。

 

       瓦の代わりになる候補として出会ったのが

       オークリッジプロです。

結論として、うちはこれを採用しました。

 

 

 

     絵文字名を入力してください意匠性。。。ランダムな粒状の彩石のグラデーションカラーがきれいな陰影を出してくれます。

     ○30年保証の高い耐久性

     ○防火性

     ○防水性

     ○耐風性

     ○軽量!!

    ○アスベストフリー

 

まず、ひきつけられたのは、見た目の風合いです。

そして、軽量であることです。

 

構造がしっかりしていれば、瓦だからといって地震に弱いと言うことは絶対に無い!と言うことは十分に聞いていて、理解していますが、軽量が有利であることは間違いがなさそうで。

 

  米国の8割がこのオークリッジプロのようなシングル材(アスファルト基盤の屋根材)で、そのうちの6割が「オークリッジプロ」だそうです。

  米国ではかなり使われているものの、日本での実績はまだ浅く、デメリット・クレームなどの情報が無いところにまた不安もあり、保証内容を含めてメーカーに直接問い合わせました。

 米国も広く、北はアラスカから、南はハワイまでの多様な気候の中の実績があり、日本の台風での雨風でも大丈夫だろうと思われました。

 またメンテナンスについて

 葺き替えが必要になる例として、紫外線によるアスファルトの劣化が考えられますが、米国の主流メンテナンスとして、既存の屋根の上に新たに葺き増すやり方になります。

 当然足した分の重さが増しますが、既に壁量は瓦でも問題ない構造になっていますので(建築士カンちゃん作の我が家)、葺き増しもクリアです!

 

他にも細かく聞いて回答をもらい、私たちの不安はクリアに

オークリッジプロでGOということになりました。

 

 これで構造上に影響するものの変更が出来なくなります。

 オークリッジプロ。。。さぁ、どうでしょう

 

 

 

                      

スポンサーサイト
コメント→ : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 仕様 | THEME : 家作り日記 | GENRE : ライフ |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

入居後~


プロフィール

*ティガー*

Author:*ティガー*
建築条件付き土地を解約して、あたたかい人達の集まる地元の工務店さんに家を作ってもらい、家作りの楽しさを感じ、たくさんのことを学びました。
2008.4月から新居での生活を楽しんでいます。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー


バックナンバー


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


おすすめサイト

Howpa 住まいと生活の総合コミュニティサイト House Park SNS

家作り仲間作りにおすすめです


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Copyright © ♪あったかい気分で家作り♪ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。