This Category : インテリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

アクリルの取っ手

今日の現場では建具屋さんが、和室の引き戸を取り付けているところでした。

取り付けるだけでなく、何か削ったり叩いたり・・・
現場でも調整が大がかりで行なわれている様子。

和室の戸



さて、棚や洗面台は全て造作ですが
その開き戸の取っ手も決めなければなりませんでした。

色んな方のブログで見かける取っ手

ネット検索かけただけでもかなりの種類

選んだのはこれです   洗面台下


もう一枚          食器棚 取っ手
 


本当はクリスタルのものがよかったのだけれど
クリスタルだと、そのネジはボンドで付けられているだけで
大雑把な私は開け閉めが乱暴で、取れてしまうことを心配して
ネジが埋め込まれているアクリルのものにしました。

ネットで探し回り、『いいもの見つけた~~~キラキラはぁと
と注文して手にした時には
『な・・・なんだか天皇家の家紋みたい汗

でも、建具に取り付けられると、なかなか可愛らしくおさまってくれました。

こうやって悩んで迷って選んでいったものの数々
全部愛しいですにっこり

ちなみに、リビングの入り口のドアレバーだけ奮発してアイアンのものにしました。
アイアンドアレバー
 まだ付いていませんでした。



よろしかったらランキング応援のクリックをして行ってくださいね 右 にほんブログ村 住まいブログへ




コメント→ : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : インテリア | THEME : インテリア | GENRE : ライフ |

アンティーク ステンドガラスの裏表

ずっと待機してきた
アンティーク(正式にはコレクティブル)のステンドガラスの出番がようやく来ました。
( 『ステンドガラス購入』の記事もよかったら読んでください)

ところで、アンティークファンと言うには大変申し訳ない私
このステンドガラスの裏と表がわかりません。


『このガラスがザラザラしている方が表ですよね?』と私
当然??建築士カンちゃんもわかりません。

どちらもアイアンの出方や模様に変わりはないし。。。
枠はイギリスで既に変えられて日本に来たということらしい。


我が家の取り付け位置というのが、どちらも裏であり表であるからややこしくなる原因でもあるのです。


リビングドアを開けてリビングに入ったらすぐ右上にガラスが来ます。
その壁の向こう側はキッチンと2階への階段の短い通路になります。
ステンドガラス越しに陽ざしが見えるのはキッチン側。
リビングの方が南になりますからね。


だから、よく見えるようにするにはキッチン側に表が来たらいいの?裏・・・?


どっちでもいいや!


感覚で決めましょう!とカンちゃんとステンドガラスを何度裏返し試してみましたことか。
ステンドガラス 思案中


『ひっくり返してみてください』
『スミマセンがもう一度、反対側にしてみて・・・』


う~~ん、どっちが見栄えがいいかしらん


結局・・・議事録には書いてありますが、どちらにしたんだっけ?
といった程度。

そして取り付けられました。

アンティークステンドガラス装着後


リビング側から撮った写真です。
向こうにキッチンが見えるでしょう?
どっちが裏でも表でも構わない場所でした。
わかる人にはわかる、わからない人はそれなりに。。。



よかったらランキング応援のクリックしていってくださいね →橙 にほんブログ村 住まいブログへ






コメント→ : 8
TrackBack : 0
CATEGORY : インテリア | THEME : 家づくり日記 | GENRE : ライフ |

洋書を参考にして色使い

我が家ではほとんどの壁は珪藻土ですが
水周りはクロスにクッションフロアとなります。

先週に持ちきれないほどのカタログを渡されて
「個室スペースですから、遊んでみてもいいと思いますよ」
と、頼りの建築士カンちゃんに放り出され(た気分)
悩み続けました。

 『ノスタルジックな北欧ナチュラルの家』 

テーマを忘れないように、何度も思い出しながらも・・・

わかんない!! 


そこで、参考にしたのが洋書の中のインテリア
個室だし・・・
特に2階の水回り・・・脱衣洗面室とトイレは家族くらいしか行かないだろうし
遊んでみよ~じゃ~ないか!!

洋書の色使い 1



海外ではこういう風に大胆に色を使っても、とっても様になる。
住む人がそういう雰囲気を大事にしているからでしょうか。
子供部屋に赤ね~~かわいいね~~手書き風シリーズハート

でも小さなスペースに赤という冒険は出来ません。
いや、むしろ、冒険するどころか、白でまとめようとしていました。
建築士カンちゃんに泣きつくような気持ちでしたが
「色は、もう!好みですよっ!!」とまた突き放されるような(気がした)感じで。


でも、「こんな色にしたいと思って・・・」と言うと
それを大事にしながらのアドバイスをもらいました。


そういう進め方で


2階洗面脱衣室・・・サニタリールームと言った方がいいでしょうか。
これを参考にしました。

イエローサニタリー 2階サニタリークロス

少々塗り壁風の黄色です。



2階トイレを参考にしたのは、自分でも思いがけずこちら汗一色
黄緑のトイレ



イエローグリーン、というより、『黄緑』です。
これにポイントとして、正面に花柄の『マリメッコ』ちっくなクロスがきます。
こんな感じかしら。
2階トイレクロス 2階トイレアクセント


黄緑クロスはまだサンプルで検討する予定なり。。。


カンちゃんは「いいですね~~にっこり
」と言うのですが、私はちょっと不安もあります。
だって、テーマを決めるまでは
 「フレンチナチュラル・カントリー」 な傾向にあったのですから。
ここは無難にかすれたような白でまとめたかった。

でも元々、原色系も大好きなので、結構期待しています。


あと
対面キッチンの背面の壁は塗り壁でライラック色・・・サンプル取り寄せ中



キッチンパントリーの天井ピンク(結構ショッキングな感じ)
          キッチンパントリー天井
          (壁は木張りです)


玄関横の納戸天井
          玄関納戸天井

          (壁は木張りです)


どんな家になるのでしょうか。
不安半分、期待半分

洋書をお手本にした家が出来ますように手書き風シリーズきらきら


よろしかったらランキング応援のクリックをして行ってくださいね 右 にほんブログ村 住まいブログへ





コメント→ : 9
TrackBack : 0
CATEGORY : インテリア | THEME : 家づくり日記 | GENRE : ライフ |

古材の飾り梁

週末の本日も現場打ち合わせ

先日のLow-Eガラスの寒さを実感しながらも、中味の濃い打ち合わせでした。

その結果についてはまだまとめきっていないので
本日の現場の様子を。。。


工務店と契約のかなり初め頃から
どこかに古材使ってもらいたいのですが・・・」とは言ってありました。
打ち合わせが進む中で、どこに使えばいいとよくわからず、なんとなく過ぎていたのですが、対面キッチンのカウンター上・・・ダイニングとキッチンはオープンなのですが、その間の垂れ壁もない部分に使ってもらえることになったのでした。


諸井工務店は私の認識では地域に根付く工務店さん
地域の信頼を得ている工務店さん

だから、蔵を初め、古民家の解体をよく依頼されているようです。
昔の家作りを大切にして、解体後の廃材を大事にしていますから、古材は豊富に所有しているのではないでしょうか。


取り付けられる前の古材です。松の木です樹木

古材の飾り梁1


古材の飾り梁2


これを棟梁の一流の腕で手を入れて取り付けてありました。

古材の飾り梁3


古材の飾り梁4


何の塗装もない自然のままの色でこの風合い。
あまりにきれいで、イメージにピッタリで、愛おしく頬ずりしたくなるような
古きよきものです。

建築士カンちゃんが
長い長い年月を得て、やっと陽の目を見ることになったのですねにこり」と粋なことを言いました。


大工工事も来週イッパイのようで、どんどん石膏ボードが張られ、現場の様子も日々違ってきています。大工さんとのお別れの日も近い。。。来週は出来るだけ毎日現場に行こう、しっかりと目に焼き付けておこう うるうる涙


よろしかったらランキング応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 住まいブログへ
コメント→ : 12
TrackBack : 0
CATEGORY : インテリア | THEME : 家づくり日記 | GENRE : ライフ |

インテリアコーディネーター

先日、住まいと生活のコミュニティサイトでお友達の 「さんじゃさん」 の新居が
我が家からとても近くて、引越し前のほやほやの新居にお邪魔してきました。

大手HMさんで建てた家は洗練された素敵な、とても生活しやすそうな家でした。

家作り最中の私としては普通は聞かないような
「この設備はどこのメーカー?」
「タイルはどこの?」
「照明計画は?」

なんていろいろ質問させてもらいました。

その答えの中で「インテリアコーディネーターさんが・・」と言うことがよく出てきて、とてもよいアドバイスをもらっていたようです。
 
キラキラ(ピンク)  「インテリアコーディネーター」  キラキラ(ピンク)

響きも職業としてもとても憧れるものです。
ネットで家作りノウハウを検索していても、インテリアコーディネーターのコラムから学んだことも多いです。


うちは以前契約・解約したビルダーさんでも担当のコーディネーターさんと打ち合わせしたことがあります。
若くてとてもオシャレな印象の女性
ワクワクしながら打ち合わせに望んだのですが・・・・・

そのインテリアコーディネーターさんと打ち合わせに入るまでには
まず設計士さんと間取り決め
 自分たちの希望の間取り・イメージを伝えるのに納得するのに4ヶ月かかりました。
次に設計担当の方と様々な仕様決め 
再び私たちの希望のイメージを伝えるのに疲れが出てきました。

それから出てきたインテリアコーディネーターさん

クロス・巾木・フローリング・玄関ドア・・・・・などなどの色や種類を決めることになりました。

が、ここでもまたまた私たちの希望のイメージを伝えるのですが

クロス
 カタログを見せられ、「これが標準仕様です。これ以外だとオプションになって追加料金が発生しますから。お持ち帰りになって決めてきてください」

 クロスって決めるのは難しいですよね。

 持ち帰っても決められず、少しの候補をあげて再び打ち合わせとなりました。

「なかなか決められなくって・・・。これどう思います?」
コーディネーターさん「そうですね~、お好みですからねぇ」
「私たちのイメージに合うでしょうか」
コーディネーターさん「合わなくもないんじゃないでしょうか」
「じゃあ、これでいいかな」
コーディネーターさん「はい、これですね(と決定事項に書き込む)」
「トイレのクロスはちょっと冒険してみてもいいかなぁ」
コーディネーターさん「はい、これですね(と決定事項に書き込む)」
「フローリングの色がどうも気にいらなくて。少し追加料金でも、何かちょっと違うものないですか?」
コーディネーターさん「では、メーカーさんのショールームに行ってみてはどうですか?」



行きましたとも!
必死でしたから。
もうこの頃には「インテリアコーディネーターなんかいらない!!」と思ってました。

ショールームでかなり粘って、そこのお姉さんと話をして、調べてもらって、
無垢調の合板フローリングで、しかも床暖房対応のものを見つけました。
しかもそれは地域限定のもので、掘り出し物でした。


後日再びビルダーさんでの打ち合わせで
コーディネーターさん「いいもの見つけましたね~。じゃ、これでいいですね?(と決定事項に書き込む)」


この人、内装の書き込み係??これなら私にもできるわ!
私だったら、イメージを聞いてもっともっと一緒に悩んだりする!!怒


解約したビルダーさんですから、「あの頃つらかったね~~」と笑い話で済ませてますが、
色んなインテリアコーディネーターさん、会社の中での色々な役割があるのだと思います。


でも専門職であるからには素人にとって頼りになる、引き出しの数が多くて、その容量も豊富であって欲しい。自分の家のように感じて欲しいと思うのです。当然相性の合う合わないはあると思いますが、それは仕方がない。
とっても奥の深いお仕事ですよね。
自分のアドバイスしたイメージが形になっていくのですから、やりがいもあるお仕事だと思います。



皆さんの家のインテリアコーディネーターさんはどんな方なのでしょう。


今の我が家のコーディネーターは建築士カンちゃんです。
引き出しの数もかなりのものみたいです。
人生いろいろ渡り歩いてきてるようなんですよウインク



よかったらランキング応援のクリックしていってくださいね。。。にほんブログ村 住まいブログへ



コメント→ : 20
TrackBack : 0
CATEGORY : インテリア | THEME : 快適な生活のために | GENRE : ライフ |

入居後~


プロフィール

*ティガー*

Author:*ティガー*
建築条件付き土地を解約して、あたたかい人達の集まる地元の工務店さんに家を作ってもらい、家作りの楽しさを感じ、たくさんのことを学びました。
2008.4月から新居での生活を楽しんでいます。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリー


バックナンバー


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


おすすめサイト

Howpa 住まいと生活の総合コミュニティサイト House Park SNS

家作り仲間作りにおすすめです


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Copyright © ♪あったかい気分で家作り♪ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。