This Category : 家具

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

ロイドルームチェア

もうWeb内覧会は一旦お休み
写真の選択や画像処理に手間取っています^_^;

先日ようやく届いたダイニングチェアについて。

お気に入りのペニーワイズのダイニングテーブル
『ペニーワイズのダイニングテーブル』 ←クリックで過去の記事が読めます

これに合う椅子を探してさまよい続けていました。

アンティーク・・・アーコールチェア
北欧モダン・・・アリンコチェア     などなど

ようやく決めたのが『ロイドルームチェア』

ロイドルームアームチェア

ロイドルームを知らなくても、この椅子を目にしたことある方は多いはず

ロイドルームとは
 枝編み細工のような繊細さを持ちながら、
 ‘紙’と‘ワイヤー’から作られるというまったく新しい素材
 固くよりあわせて防水処理を施したクラフトペーパーを
 スチールワイヤーに巻きつけ、機械によって織り上げたものです。
 芯のスチールワイヤーには防水・防錆加工がされ、
 折れたり、ひびが入ったりしないように工夫されたうえ、完全密封加工が施されています。
 温かみのある贅沢な質感を持ちながら、ささくれやフレームのきしみ、
 そりなどの変形がなく、湿気にも強い・・・・・。


そんな椅子です。

パインテーブルにも絶対似合う
そう信じて注文したタイプはこれです。
ロイドルームウッドチェア


パインテーブルにベストマッチング~~GOOD

その風景はダイニングルーム編でご紹介させていただきますね。

座り心地も言うことなし
籐の椅子のような柔らかさと、適度なクッション性

それにしても
4脚購入したのですが
入っていた箱が大きすぎます。
箱

宅配業者さん、引き取ってはくれなかった・・・
大人二人軽く入れるような大きさで、
つぶすのも面倒のようなもったいないような大きいもので、
何もないリビングで、子供の『おうち』としてひと役担っています。
子供って好きですよね~箱の中。。。狭いところ
わざわざおやつを箱の中に持って行き食べている。
まるで虫みたい。




よかったらランキング応援のクリックしていってくださいね。
 ここをクリックです  右 にほんブログ村 住まいブログへ







コメント→ : 6
TrackBack : 0
CATEGORY : 家具 | THEME : インテリア | GENRE : ライフ |

ペニーワイズのダイニングテーブル

ずっと前に書いた記事
 ダイニングテーブル 

実際にペニーワイズに行った時も
引越しが3月なら1月に注文しておけば確実です
とお店の人に言われていました。

2月になって、妹に『まだ注文してないの?!どうして??』と言われました。

気が進まないと言うか・・・
ものすごく欲しいんだけれど、何か・・・

というのは、
私が欲しいテーブルのタイプはイギリスから輸入したどっしりとしたもの。
でもイメージと比べると重厚すぎるのです。


難しいわがままなんだけれど
もっとアンティークによくある、古いからどこか危なげだけれど味わい深い・・・
コクのあるものはないだろうかと探していました。

たまに見つかる好きなデザインのアンティーク
でも、欲しいサイズの幅が2000というものはものすごく高いのです。

ところが
3月に入ったある日出会いました。

ユーズドです。
アンティークではないので、新品より安いです。
でも
コレクティブルでもないので、ちょっと気がひける。。。かっこわるい気がしちゃう
でも
まさに欲しい形・色合い・軽い味わい深さ

決心しました。
安い買い物ではないけれど、『ユーズド』にチョッピリひかかってるけれど

わたしは、今、これを、ほすぃ!と思っている~~

と心の中で確認!

注文して、取り置きしておいてもらい、内覧会前日に届きました。
我が家の新しい?家具1号です。

ペニーワイズ ダイニングテーブル ポールウィルソンシリーズ


欲しかったポールウィルソンシリーズです。

たっぷりの大きさ
ここで、家計簿つけている横で子供がお絵かき。。。家計簿つけてないですけど^_^;
    ミシンをかけている横で子供がお勉強。。。本当にミシンもお勉強もするのか?
    

あぁ~うっとり~~
ユーズドをコレクティブルに、アンティークに、その風合いの変化を楽しみながら
大切にしていきたい。


内覧会でもこの程よく焼けた感じの大きなテーブルは好評でした。


諸井工務店と出会うずっと前、解約したビルダーさんでの最初の打ち合わせで言った
『幅2000はある大きいテーブルを置きたいんです』
と言ったあの日を思い出し
『夢がかなった』
と思った日でした。
ちょっと大げさだけれど、そんな気持ちです。
工期が長めのメリットでもあるかもしれません。


よかったね!と思ってくださったかた方、ついでに応援のクリックしていってくださいね。
インテリアにあわせたイス選び、実はまだなんです。。。
 ここをクリックです  右 にほんブログ村 住まいブログへ







コメント→ : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 家具 | THEME : インテリア | GENRE : ライフ |

大切な大切なラタンバスケット

昨日予告したお話を。。。

我が家のサニタリールーム
造作洗面台の横に収納棚があります。
2階サニタリー1


棚には、使いやすい高さの部分に家族4人分のラタンバスケットが4個置いてあります。
ラタンバスケット



設計の段階から、ここにはお風呂上りにすぐに取れるよう
下着・パジャマを十分にしまえるカゴを置きたいと思っていました。
使うところに置くという収納の基本??と考えました。

棚のサイズは大工さんにいかようにも作ってもらえます。

しかし、カゴはデザインとサイズを私の理想どおりに兼ねそろえた物がなかなか見つかりません。

『ラタンバスケット』で検索してみる
・・・ステキなデザインも豊富だけれど、もっと下着とパジャマをがっつり入れたいのっ!!

『脱衣かご』で検索してみる
・・・いや、もうちょっとオサレに作って欲しいんだけどな・・・

何よりサイズが欲すぃものが無い
もう少し横幅を・・・もう少し深さを・・・


どちらの話が先立ったかは忘れました。
私がラタンバスケットを探している話が先だったか、
建築士カンちゃんのお母様が籐を編むことを趣味としていると言うのを聞いたのが先だったか。

とにかく私たち夫婦とカンちゃんはよく雑談していました。
ハッハァ笑いながらワラ

そしてある日、
『カンちゃんのお母様、うちのためにサイズをあわせてカゴを編んでもらえませんか?』
『いいですよ。聞いておきます。』
後日
『大丈夫です。サイズは・・・』


建築士カンちゃん、青森の下北半島出身です。
青森から送られてきた試作品を上棟の日に見せてもらいました。
泣きそうでした。

まさに欲しかったデザイン・サイズ
うちを設計してくれている愛すべきカンちゃんのお母様が。。。


子を持って知る親心
カンちゃんのお母様がどんな気持ちで作ったんだろうと鼻がツ~ンとします。

遠く離れた息子からの電話(回想始まりはじまりぃ~)

『おがちゃ~~ん、お客さんがおがちゃんにカゴつぐってほすぃんだと』
『あれ~~、あんたしっかり仕事してんのぉ~?』
『やってっよ~~。え~がら、つぐってくれんのぉ?』
『え~よぉ~』


青森の言葉は知りませんが、私の中ではこんな会話が聞こえてきました。


そしてね、私は言ってもいないのに
『下着とパジャマを入れるためには中のうち布が必要でしょうから、
うちの嫁さんが選んでいます』
と。

私のイメージ・好きなものが奥様と似ているから、きっと気にいってくれるでしょう、と。


出来上がったものがこれです。
ラタンバスケット



もう一枚は素朴なチェック柄
小さい花柄
どれほどジ~ッと見入ったことでしょう。
取っ手は流木のような風合い


子を思う親の気持ちに勝るものは無いと思います。
お母様は、私たち施主のことを思いながら作ってくださったでしょうが、何より
息子がお客さんに恥じぬような思いで作っていたに違いありません。

そして奥様もきっと楽しく、私たちが喜ぶ顔を思い浮かべながら
中の布を選んでくれたに違いありません。


世界に4つだけの、最高のラタンバスケットなのです


ちょっと訛りが聞こえたような気がして
方言ってあったかいね~~と思った方、応援のクリックしていってくださいませ
 ここをクリックです  右 にほんブログ村 住まいブログへ

追記。。。
 もちろんこのラタンバスケットは、お代は払います。
 安いものではないです^_^;
 材料代もかなりかかりますからね。
 今後諸井工務店で家作りされる方のために追記しなければと^_^;














コメント→ : 13
TrackBack : 0
CATEGORY : 家具 | THEME : 家づくり日記 | GENRE : ライフ |

ラタンバスケット

ナチュラルスタイルの雑貨屋さんによく置いてある籐のかご

ラタンバスケット


例外にもれず私も好きです。

キッチンクロスを入れたり、アレンジメントフラワーを飾ったり、大き目のものにはスリッパを入れたり。


新築の家の洗面所横にはオープンの収納棚を作ってもらうのですが、そこにはタオル類だけでなく、下着やパジャマなども収納したいと思っていました。
家族4人分、少なくとも4つの棚に4つのかごは欲しい。

そこで探し始めたのが「籐のかご」
大き目のものなので「脱衣かご」として探し始めました。

大きさや形はこんな感じで↓↓これはちょっとお風呂屋さんみたいですが、あくまで形が・・・
脱衣かご




たくさんありますが、なかなか自分のイメージにピッタリのものや
棚に合うようなサイズのものがありません。

オーダーメイドという手もありましたが、かなり高価です。


ふと思い出したことがありました。


建築士カンちゃんのお母さんが籐職人だと聞いたことがある・・・

何の会話だったか、いつも打ち合わせでは関係ないことも話してはよく笑ってる私たちですが、その中で聞いたことがありました。


そこで「お母さんにサイズに合わせたかごを作ってもらえませんか?」と聞いたところ
「母も喜ぶと思います」と聞いてもらい、制作してもらうことになりました。


それで商売をなさっているわけではないらしいです。

ただ好きで、カンちゃんが子どもの頃からいつも何かしら作っていたとのこと。


しばらくして試作品なる物が送られてきたとのことで見せてもらいました。


はぁ~~~~ハート


またため息


丁寧に編まれたラタンのかご

大きさも衣類が十分入る大きさ

手前の取っ手は少し湾曲した木をつかっていました。

底はきちんとした板を使ってくれていました。これで籐のくずが衣類にも付きにくくなります。


写真を撮っていなかったことが悔やまれますが、入居後写真アップの中で必ずお披露目しますね。


この試作品を元に3月までに作ってもらう事になります。

ただのオーダーではないのがまた嬉しいじゃないですか。

この家を設計してくれた建築士のお母さんが作ってくれたもの
遠く青森で作ってくださるのです。

そして嬉しいことに、中を覆う布をカンちゃんの奥さんが探してくださってるとのこと。

「好みが似ているところがあるので、十分気にいってもらえると思いますよ」とのこと。


もう、その気持ちだけで、言葉だけで泣けてきそうです。


♪あったかい気分で家作り♪進行中です。


打ち合わせのときに色んな会話をして色んなことをお互い知るからこそ出来るのでしょう。




ランキングはなんと20位以内に入りました顔 びっくり
本当にありがとうございます。
また応援のクリックをお願いします  にほんブログ村 住まいブログへ


コメント→ : 8
TrackBack : 0
CATEGORY : 家具 | THEME : ナチュラルスタイル | GENRE : ライフ |

ザ・ペニーワイズへ

先週末、

ついでがあって、長いこと行きたかった「ザ・ペニーワイズ」のSHOPへ行くことができました。

まずは勝どきにあるアンティーク専門へ

ザ・ペニーワイズ勝どき


ここは「写真撮影はお断りしています」とのことで、HPから様子をお借りして・・・

倉庫のような店内には所狭しとアンティーク家具がありました。

古びた家具はとても魅力的ですが、

目的の大きなダイニングテーブルともなると30万くらいはします。

アーコールチェアもたくさんありました。

焼けた木の色はとっても素敵

時期によって数も変動は大きいそうです。

アーコールのダイニングチェアは欲しいのですが、

まずはダイニングテーブルから・・・

チェアは、例えばまだ生まれていない子供に名前を考えるかのようで

新しい家にどういう形のものが合うかを実際建ってから決めたいと思っています。

30万もするアンティークダイニングテーブルは却下。。。

次にパインファニチャーのお店へ

ザ・ペニーワイズ

 ちょっと庶民の話ですが
 丁度同じく店に入った3人の子連れの女性方
 黒地に大きな花柄のスカートとか、子連れにもかかわらずみんなヒールだったり
 子どものレインコートも厚地に見える粋なもの
 こ、これが、シロガネーゼ??
 
 いえ、わかりませんが、ちょっと思ったもので

ここは、確認すると「どうぞどうぞ!写真大丈夫で~す!」とのことでした。

ザ・ペニーワイズ店内



アンティークって、見せたくないくらい貴重なものと言うことでしょうか。

お目当てのテーブルはこれです。

ペニーワイズダイニングテーブル


写真のものは180センチの長さ

6人が十分座れます。

私が欲しかったのは200センチ

180センチでも十分かなと思いますが、夢をかなえるのです(小さい夢かな)

200センチで!!

でも、思っていたより白いパインで、カントリーな印象

経年変化で焼けてくる・・・私がアンティークにしていきたいものです

 

日本製とイギリスからのものとありました。

これは日本製

国産パインテーブル



足は取り外しができます(英国製はできない)

やはりイギリスからのものはどっしりとして、でも日本製と比較すると繊細さには欠ける様な気がします。

1点ものではないので、引越し時期を考えて予約するといいので

その日は何も購入せずに退散しました。


他にRUSTIC TWENTY SEVEN
MARIA GARDENのテーブルも気になるところです。

 

もっと家具など新しい家のために歩いて探したいところですが、いつも子連れでそうはいきません。少々欲求不満です。

でも今回楽しかった~

 

ランキングは前回ど~んと落ち込んでから、じわりじわりと上がり、
今50位くらいです。応援に感謝します。今日もよかったらポチリしていってくださいませ
にほんブログ村 住まいブログへ

コメント→ : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 家具 | THEME : ナチュラルスタイル | GENRE : ライフ |

入居後~


プロフィール

*ティガー*

Author:*ティガー*
建築条件付き土地を解約して、あたたかい人達の集まる地元の工務店さんに家を作ってもらい、家作りの楽しさを感じ、たくさんのことを学びました。
2008.4月から新居での生活を楽しんでいます。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー


バックナンバー


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


おすすめサイト

Howpa 住まいと生活の総合コミュニティサイト House Park SNS

家作り仲間作りにおすすめです


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Copyright © ♪あったかい気分で家作り♪ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。